不動産投資で絶対にやってはいけない融資の受け方
(4分26秒)


不動産投資を検討している方は
不動産業界の悪事にご注意ください!

今日の話は
『公的な住宅ローンの不正融資の問題です』

どういうことかと言いますと・・



投資用の物件を買う時には、本来投資用のローンを借りなければいけないのですが、

住宅ローンの方が金利が安いため不正な申請をして住宅ローンを組ませてしまう業者がいる
ということなんです!

住宅ローンは自身で住宅を買って居住することを目的に借りるローンで金利はとても低く設定されています。
投資用の物件には使えません。

安易にこの不正をしてしまってる人結構いるみたいですが、
いよいよ、全件調査をされるということです。

もし不正がバレたら?
全額一括返済を求められるそうです!

現在順番に、この不正に関する調査は進んでおり、
銀行からの確認電話、面談の依頼など、アプローチがあるようです。

実際、僕の知り合いの不動産会社にも
他社の不動産業者から購入した人からの相談があったそうで、

2月に銀行面談に呼ばれてから8ヶ月後の10月、
ついに「全額繰り上げ償還請求の予告」という通知が届いたとのことです!

さすがに一括返済はないだろう、なんて思っていたら危険です。

一括返済なんてできないでしょうから、
結局物件を差し押さえられて
格安で競売に出されてしまいます!

お金や資産をを増やす目的ではじめた不動産投資なのに
物件はなくなって借金だけが残る・・
最悪な結果となってしまいます。

悪徳な不動産業者は利回りを安くするため、無責任に不正を勧めてきます。

どうか口車に乗らないようにしてください。
まともなやり方で資産がプラスにならなければ絶対にだめです。

不動産投資はとても難しいです。
気を付けてくださいね!

—————————————
\投資初心者のための必読書/
『やさしいお金の教科書』
をLINE登録でプレゼント中☆

http://bit.ly/2YbybHf
—————————————



不動産投資で絶対にやってはいけない融資の受け方